プロジェクトが失敗すると

プロジェクトが失敗すると・・・

その失敗の影響がどれほど大きなものか、考えたことがありますか?
コストオーバーによってそのプロジェクトの目標利益が達成できないと、一体どれだけの追加売り上げ必要になるのでしょうか?
例えば、3千万円の目標利益がゼロになってしまったとすると、それを取り戻すためには通常のプロジェクト利益率より3%高い利益を上げるとして、10億円の追加売り上が必要になります

損失を出したプロジェクトと同規模のプロジェクトであれば、4〜5プロジェクトを通常以上の利益率ですべて成功させることが求められます
通常の目標利益率を確保するだけでもとてつもない努力が必要とされるなかで、常にそれを上回る利益を出し続けることはほとんど不可能と言っていいでしょう

さらに、プロジェクトの失敗は周りのプロジェクトにも大きな影響を及ぼします

失敗を最小限にとどめるため、要員を始めとしてあらゆる資源を一定期間緊急避難的に集中せざるを得ず、周囲のプロジェクトは甚大な影響を被ります
また、失敗の穴を埋めるために予定外の受注を取ろうとすると、無理を承知でリスクの大きい案件にも挑戦することになり、失敗の連鎖に陥ることにもなりかねません

 

このように重大な結果を招かぬよう、必要なところに十分な投資をしましょう

人への投資、何よりもプロジェクトマネージャの育成・強化のためにもっと投資しましょう

時間と人手とお金をかけなければプロジェクトマネージャは育ちません
また、時間と人手とお金をかけてプロジェクトマネージャを側面からサポートする仕組みを作らなくては、プロジェクトの成功は保証できません

プロジェクトマネージャの育成をサポートします

IT企業のプロジェクトマネージャを育成するためにこのようなサポートをご提供します

 1.実践力を高めるセミナーをご提供します

   知識を学ぶだけならe−ラーニングで十分です
   プロジェクトマネージャに求められるのは「実践力」です
   御社のご要望にフィットした、「気づきと学び」をもたらすセミナーをご提供します

 2.人事制度のコンサルティングをご提供します

   人材育成は人事制度が基盤になります
   これがしっかりできていないと、セミナーだけやっても効果は十分上がりません
   根幹を支える人事制度の企画・運用についてのコンサルティングをご提供します
   お客様と一緒に考え、作り上げていくプロセスコンサルティングがモットーです

 3.プロジェクトマネージャのメンタリングサポートをご提供します

   第一線で活躍するプロジェクトマネージャを、メンタリングの形でサポートします
   「肩代わり」はしません、それではプロジェクトマネージャが育たないからです
   現実に即したアドバイスをしながら成長を促します

 4.役立つ情報をご提供します

   プロジェクトマネージャを元気にするために、役立つ情報をご提供します
   他人の情報の受け売りやご紹介ではありません
   これまでの経験で培い、蓄えた、有益な情報を公開します

プロジェクトマネージャの育成はなぜ難しいのか

ある日、ある時、お客様企業の社長室にて

  社長さん:うちは一生懸命プロマネを育てようとしてるんだけど、
        育たないんだよねぇ、どうしてでしょうねぇ

     木村  :誰もプロマネになりたがらないからじゃないんですか
  社長さん:どうしてなりたがらないんでしょうねぇ
     木村  :なっても良いことがないんじゃないですか
  社長さん:なっても良いことがない?
     木村  :御社の役員で、プロマネをやり続けて勝ち上がってきた人、
          いますか?
  社長さん:うーーん・・・・・

私もこの時はつい本音で言いにくいことを言ってしまいましたが
今でも間違ったことを言ったとは思っていません
どうなんでしょうか
御社では、そんなことはないですか


プロジェクトマネージャの重要性については十分承知している
だから育成を真剣に考えているつもりだ

  しかし・・・

「勘と経験と度胸」のプロジェクトマネジメントではだめだ、それは分かっているつもりだ

  しかし、それに代わるものが・・・

 

プロジェクトマネージャはよく「上が分かってくれない」と言う

  それはどういうこと?・・・

そんな事柄について考え、答えを出していきましょう

→詳しくはこちらを